人生毎日が修行

40代婚活のシステムは?

もしサイト会員制の40代婚活をしようと思ったら、知っておかなければならないことがあります。それは40代の人たちを出会わせることのできるシステムがどのようになっているのかという点です。よく婚活という言葉でひと括りにしてしまう人が多いのですが、サイトごとにどういうシステムで相手を探せるのかが全然違ったりします。

 

一例をあげれば、40代婚活の場合に、自分より年下の年齢でこういう趣味でといったことを決めるとしましょう。すると、それに合致する相手を探すのは検索エンジン的なシステムというのがほとんどのサイトの特徴になります。しかし、そういったところばかりではなくて、きちんとスタッフが直接に相談にのって細かいデータから相手とマッチしそうな相手を探すというのをやってくれるところもあります。

 

また、ただ検索型のといってもそれすら千差万別で、もしシステムが一緒だったとしても、中にいる会員の層が違えばそれも当てにならなくなるくらい差異があるのです。だからこそ、自分のマッチする相手探しをもっともうまくやるには、システム的にも会員数の多いところで多彩なものがよいと言えるのです。

 

40歳からの人生で、独身をしている人はそんなにいないと思っていませんか。これが意外にも結構独身の人がいて、それもチャンスがあれば結婚したいと思っている人が多いのです。そこで活用するのが40代婚活による出会いの場というわけです。ではこの40代婚活で望まれていると思われる相手とはどんな人なのでしょうか。

 

参考→ 婚活にブームなんてない!

 

まずこれは相手に求める結婚条件のラインとなります。これを見ることで、どのくらいの給料か、将来性がどの程度だとかいうのを見ることができます。これは男女で微妙に違いが出るともいわれています。女性は年上を相手に給与や社会的な地位によって相手を選びますし、男性の場合は家庭的な面を結婚相手に選ぶというのがあります。

 

これは、若い層よりも限定的であると言われていて、より結婚という者に現実的であるがゆえに40代婚活で求められる相手の像となっているのです。これを外れると、最初の段階で相手として外されることが多く、そして、こういった人は少ないので、相手が見つからないということも度々起きると考えておきましょう。

妻の保険、旦那の保険

生命保険見直しを夫婦で考えることにしました。

 

今後もし私や旦那に何かがあっても良い様にもう少し設定を高めにしていこうという話しになったのです。

 

今までのは本当に最低限のものしか加入していなかったのですが、このままでは何かあったときにかなりの支払いをしなくてはならないのでは?!と懸念しはじめたのです。
ただ、改めて保険見直しをしてみるとやはり男性と女性では保険のかける金額が全然違いますね。

 

旦那の場合は月々の支払いが2万以上のものを加入することを勧められましたが、私は一万前後のものをすすめられました。

 

金額が高い分、旦那の方が何かあったときにおりる保険料が全然違います。

 

やはり旦那が大黒柱で主に稼いでくるので、私よりも何かあったときの備えは多い方が良いと判断されるそうです。

 

前回の保険は会社に言われるままだったのですが、今回は自分で決めるものなのでゆっくりと厳選して夫婦の保険料の差額にたいして考えなければなりません。

 

No.1140?生命保険料控除|所得税|国税庁
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

無料老人ホームなんて・・・ないのです!

有料老人ホームの宣伝が年々増えているのは、日本が少子高齢化になっている証拠だと思います。

 

我が家は母も祖母もまだまだ元気なので老人ホームを探していることはないのですが、やはり何処も無料なんて所はなく有料なんですね。
少し気になったので調べてみたら国が運営している老人ホームもあり、そういう所はかなり安くなっているとはいっても無料と言うわけではないそうです。
ですが、調べれば調べるほど老人ホーム費用の高さに驚きを隠せません。

 

え?これ皆さんそんなに払えるんですか?!と驚愕です。

 

私の月の給料が一瞬で飛んでいきそうな金額なのです。
確かに安い所もあるみたいですが、そういう所は人気があって受け入れしてくれる可能性も低く、入るだけに時間がかかってしまうそうです。
家族や身内がいない方は結局無料でなければどうなってしまうのでしょうか。

 

年をとってもお金がないとまともな生活ができないなんて何だか自分の将来が不安になってしまいました。

上品か否か、お箸のお話。

 

現代の若い人たちは、お箸よりもフォークやナイフなどの扱いが
上手い人が増えているそうですね。

 

私も、チャーハンをスプーンで食べようとしたら、
きちんとお箸で食べなさいと言われた事があります。

 

これって少し変じゃないかと思いました。

 

日本人は元々、お箸なんて使っていないんです。
手掴みで食べていたそうです。

 

お箸はその昔、聖徳太子が広めたという話があります。
聖徳太子は、遣隋使を派遣したほどの国際派です。
彼はインターナショナルなのです。

 

すいません。ちょっとカタカナを使いたくなりました。

 

まぁ、そんな彼が手掴みで食べるとは国際的じゃないじゃない。
と言ったかどうかは分かりませんが、要はそういう事らしいのです。
中国からお客が来るのに、手掴みじゃだめだってことですね。

 

そんな訳で、日本人はお箸を使う事が上品とされてきました。
だったらですね、欧米化社会になっている日本で、
ナイフやフォーク、スプーンなどを使っても、
それは上品なのではないかということです。

 

文化を否定するという気はまったくありません。
しかし、そういった固定化された思考は危険なのかもしれない。

 

そう思った次第です。
決して、お箸を使うのが面倒だという話ではありませんよ!

最近の100円ショップの商品

 

私は100円ショップが好きで、よく行ってしまうのですが、
最近は、本当にオシャレなデザインのものが出てきて、
100円ショップで買ったようには、見えない物も多いです。

 

大抵なんでもあるので、何か必要なものがあれば、
ひとまず100円ショップに行きます。

 

最近は、手芸や手作りホビーの材料などもたくさん出てきて、
こんなものまで!と驚くような素材も見つけることができます。

 

手芸屋さんって、最近少なくなってしまったし、
ちゃんとした手芸屋さんでうっているものって、
物は良いんですけど、それなりに値段も高いんですよね。

 

ボタンだったり、糸だったりは、断然100円ショップの方が安いです。

 

本当に何でも売っているので、近くに100円ショップがあるだけで、
すごく助かりますよね。

 

大体モールやスーパーの中にあったりするので、わりと遅い時間まで開いているので、
帰りにちょっと寄ったりも出来るし
、その点でも本当に助かります。

 

でも、これも100円かと感動しつつも、いらないものをたくさん買ってしまうので、
節約の為に100円の物を買っているのに、あまり節約にならない場合も私は多いので、
本当にそれが必要かどうかは、買う前に少し考えてから、カゴに入れるようにはしています。

お金を借りたは良いものの・・・

 

お金借りたは良いものの、返せなくなってしまった。どうしよう、と借金相談するはめになる前に!

 

しっかりお金を借りることについて考えましょう。

 

利子はいくらですか?借りる場所は本当にそこで大丈夫ですか?
いきなり借りてしまわないで、借りる場所が本当にその金融で良いのかもう一度、見直していましょう。

 

初めてお金を借りるならば、特に振り返ることが大事です。
闇雲に低金利に釣られたり、相手の甘い言葉に惑わされないで下さい。
どうしても借りなければならないのならば、仕方がありません。

 

ただ、それは身内の方には借りられないのでしょうか。借りる人がいないのならば、それも仕様がありませんが、お金を借りるのならばまず身内の方に相談するの一番だと思います。

 

夫婦で借りるならば両親に、一人で借りるなら伴侶がいれば伴侶に一度相談しましょう。
赤の他人にお金を借りるというのはそれなりにデメリットがあるのが当たり前です。

 

お金を借りるというのは、そんなに簡単なことではありません。

車を売るなら少しでも高く売りたい

 

車を売るならどういったところがよいのでしょうか。
CMなどでよく流れているところろに絞って売るのもよいでしょう。
しかし、皆さん共通の願いは、より高く売ることだと思われます。

 

そんなに利用したいのが、買取査定を数社で比較させる方法です。

 

仮にA社では50万の査定が出たとします。
それだけでは満足してはいけません。

 

ほかのB社やC社などにも積極的に査定をお願いしましょう。

 

そして、一番高いところを絞り込むのです。
また、少々セコいといってはなんですが、他社ではこのくらいの値段でした、ということをいって、より高く買い取らせるような手段もありといえばありかも知れません。
今となっては、査定は簡単二利用することができるものです。

 

いちいち店頭に車を運ばなくても、電話やインターネットを利用することによって、家に来てもらって、査定をしてもらえます。
する苦労らしい苦労がないですし、とにかくたくさんの査定会社へとアポをとって、効率的に売るようにしましょう。